top of page
FBC18061-6B4A-4BC1-BBE8-D576AED1A7C8.jpeg

国家ライセンス取得/経験者コース

無人航空機操縦者技能証明

「無人航空機操縦者技能証明」は、2022年12月5日より施行された国家ライセンス化されたドローンの操縦資格制度です

 

試験やライセンスの発行は,指定試験期間の一般財団法人 日本海事協会が行っています。

試験は「学科試験」と「実地試験」を受験し,その他「身体検査」を受検する必要があります。

「学科試験」は各地域の学科試験場にてCBT(Computer Based Testing)方式により実施されます。

「実地試験」も各地の実地試験場にて機体の種類(マルチローター、ヘリコプター、飛行機)ごとに実施されます。

 

ライセンスには「基本(昼間,目視内,最大離陸重量25kg未満)」,「目視外飛行」,「夜間飛行」があります。

初めに「基本」ライセンス取得した後に,必要に応じて限定変更試験を受け「目視外飛行」,「夜間飛行」が取得可能です。

当校のような登録講習機関(ドローン教習所)で規定の実技・学科講習を受講し、「実技修了審査」に合格すると

指定試験機関での「実地試験が免除」されます。

 

札幌ドローンスクールでは技能証明の種類(マルチローター、ヘリコプター、飛行機)から、

マルチローターのみ受講可能で、一等資格と二等資格のうち「二等資格」の

「基本(昼間,目視内,最大離陸重量25kg未満)」,「目視外飛行」,「夜間飛行」みの実施となっています。

また、今まで当校を含めJUIDA(日本UAS産業振興協議会)で取得したJUIDA認定無人航空機操縦技能証明をお持ちの方は

「経験者」として、実地講習の受講の一部を免除されます。

初めてドローン操縦をする方は,「初学者」となり教習時間等が異なりますので、別途ご相談下さい。

国家ライセンス取得/経験者コース
(二等 / 目視外 / 夜間)

このカリキュラムで取得可能な資格
二等無人航空機操縦士
航空法により規制されている空域や飛行方法で許可・承認の必要なく飛行が可能となります。*1
二等無人航空機操縦士(基本)を取得すると、航空局へ許可・承認を受けずに飛行が可能となります。
二等無人航空機操縦士で許可・承認の必要なく飛行可能となる規制
  • 人や物件から30m以内の飛行
  • DID上空
  • 目視外*2
  • 夜間*3
*1空港周辺、水面や地表から150m以上の高さ、緊急用無空域、催し会場上空、物件投下、危険物輸送は別途許可・承認の申請が必要となります。
*2限定変更(目視)の履修が必要です。
*3限定変更(日中)の履修が必要です。
二等資格に必要な受講時間
  • 初学者:10時間(目視外+2時間、夜間+1時間)
  • 経験者:2時間(目視外+1時間、夜間+1時間)
*一等及び二等資格には限定事項がございます。
基本(限定変更なし):DID上空、第三者や第三者物件より30m未満の飛行が、航空局からの許可:承認の必要なく行えます。
限定変更(目視):目視外飛行が行えます
限定変更(日中):夜間飛行が行えます
国家ライセンス二等
国家ライセンス一等

国家ライセンス経験者コース(一等 / 目視外 / 夜間)

このカリキュラムで取得可能な資格
二等無人航空機操縦士
航空法により規制されている空域や飛行方法で許可・承認の必要なく飛行が可能となります。*1
二等無人航空機操縦士(基本)を取得すると、航空局へ許可・承認を受けずに飛行が可能となります。
二等無人航空機操縦士で許可・承認の必要なく飛行可能となる規制
  • 人や物件から30m以内の飛行
  • DID上空
  • 目視外*2
  • 夜間*3
*1空港周辺、水面や地表から150m以上の高さ、緊急用無空域、催し会場上空、物件投下、危険物輸送は別途許可・承認の申請が必要となります。
*2限定変更(目視)の履修が必要です。
*3限定変更(日中)の履修が必要です。
一等資格に必要な受講時間
  • 初学者:初学者:50時間(目視外+7時間、夜間+1時間)
  • 経験者:10時間(目視外+5時間、夜間+1時間)
*一等及び二等資格には限定事項がございます。
基本(限定変更なし):DID上空、第三者や第三者物件より30m未満の飛行が、航空局からの許可:承認の必要なく行えます。
限定変更(目視):目視外飛行が行えます
限定変更(日中):夜間飛行が行えます
すべての動画

すべての動画

北海道厚真町 浜厚真海岸 sample (No Sound)